あすか会議@仙台

ほぼ恒例となったグロービスが主催す「あすか会議」に今年も参加しました。
2005年の第1回目から参加していますが、どんどん規模が大きくなって、今年の参加者は約900名とか。
・あすか会議


私は二日目の今日、「農業・工業と情報通信 ~地域の生態系を育む行政と経営~」にパネリストとして登壇しました。
登壇者はもちろん、参加する方々も、どんな内容になるかイメージできずに集まったという今回のセッション(苦笑)。
和郷園の木内さんの農業での取り組み、熊谷千葉市長の行政でのIT活用を中心とした取り組み、そして地方都市での重厚長大産業である造船業からサービス事業を展開する常石グループの取り組み。これらを仲川奈良市長のさすがのファシリテーションで進行。参加者の想像以上の(?)のまとまりでした。
今年はCSV(Creating Shared Value)を新設し、本部長として常石の企業文化をベースに未来につないでいく活動を展開しているのですが、もう少し、その辺の話をふまえて、B2B企業のマーケティングや地域ブランディングでこの3年やってきたことなどをお話できればよかったかな、と反省。
とにかく、木内さん、熊谷さんの話が面白過ぎて、私も壇上で、お二人の発言を必死でメモしていたのでした(笑)
会場から、いい質問をいただいたので、そこで少しフォローできて、ほっとしました(汗)
私自身もグロービスにお世話になって、これまでやってくることができました。
いま、グロービス各校で学んでいる方々が一緒に企画し、一同に集まって学び合う「あすか会議」の意味はほんとうに大きいと思います。
この7月から、常石グループからも20名強のメンバーが、グロービスの大阪校と福岡校で学びます。
グロービスで学んでいるみなさん、ぜひよろしくお願い致します!
image
image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です