萩の旅

image
8月最後の週末は、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」で話題の萩へ。
午前中のヘビーな会議を終えた後、福山から新幹線で新山口へ。そこからバスで萩へと移動。
現地では、萩在住の友人の案内で観光&食を満喫しました!


まずは、松下村塾と松陰神社へ。
image
そして、吉田松陰の生家と墓地へ。
image
毛利家の菩提寺「東光寺」。
image
image
世界遺産に指定されて脚光を浴びている「恵美須ヶ鼻造船所跡」にも。
image
・恵美須ヶ鼻造船所跡
すぐそばにある「道の駅 萩しーまーと」も見学しました。
image
景観維持をするため、さまざまな制約がある萩市らしく、城下町の白壁の道はとても風情があります。
image
今回は、自転車を借りて、藩校「明倫館」や城下町、萩博物館、そして旧萩藩の御船倉へと回りました。
・明倫館
image
image
・旧萩藩御船倉
image
萩の食も満喫しました。
東京でも、なかなか出会えないような感激のお鮨「祇園寿司」。
image

・祇園寿司(from 食べログ)

小さなせいろを5段重ねたおそばを卵の入ったつゆでいただく「ふじたや」。
image
・蕎麦舗ふじたや – 東萩/そば (from食べログ)
萩の名産、夏みかんは、お土産のお菓子はもちろん、フレッシュジュースやソフトクリームなど、いたるところで目にしました。
image
吉田松陰をはじめ、偉人を多く輩出した土地ならではの、地域への誇り、気概、自信と同時に、地域の方に愛され、大切にさせている町の魅力を感じた旅でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です