『経営幹部養成学校』

経営幹部養成学校―――エリートリーダーは経営学を使って会社を動かす
社員向けのExecutive Management Programでお世話になっている高山信彦先生の新著『経営幹部養成学校―――エリートリーダーは経営学を使って会社を動かす』を読みました。


高山先生には、常石グループも約10年にわたってお世話になっており、本著には、常石グループの事例も紹介されています。
実際に10年このプログラムを継続すると、10年分の経験者が社内にいることになります。受講メンバーが経営幹部として中枢で活躍している常石グループでは、組織として研修へ参加するメンバーを支援することはもちろん、研修の成果として誕生したプロジェクトがどのように遂行され、あるいは失敗をしていったかが、組織に蓄積されていることが、組織の強みになっています。
教育の分野もトレンドがありますが、やはり継続は力なり、を実感します。
長期的な視点での能力開発について、どのように考え、取り組むべきかが、非常にわかりやすくまとめてある本著。マネジメントを目指す人はもちろん、人事/教育に関わる部門や部下を持つ人にとっても、有益だと思います。

経営幹部養成学校―――エリートリーダーは経営学を使って会社を動かす
高山信彦
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 13,062

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です