神原汽船 大連オフィス訪問

image
大連にある神原汽船のオフィスに訪問しました。
神原汽船が大連にオフィスを構えたのは、1994年。窓から大連港が見える高層ビルの21階にある現在のオフィスには2009年から入居しています。

・神原汽船


上海の神原汽船オフィス同様、こちらでも、14名のスタッフ中10名が女性。10年前後勤務してくれているベテランスタッフがほとんどです。女性陣は皆、既婚で子育て中。神原汽船の取締役で神原汽船(中国)船務有限公司の総経理は、中国人女性。すばらしい先輩がいることも、大きな励みになっていると思います。
神原汽船の瀬戸内航路と日本海航路は、日本企業としては唯一の日中の定期航路になります。
中国、韓国の競合企業との激しい競争の中、ここ大連で活躍する現地のマネージャーたちにこの15年を振り返ってもらいながら、大連事務所の現状や課題についてヒアリングしました。
東京並かそれ以上に家賃が高くなってきた大連は、地方都市の中でも早くから発展している安定した町という印象。リーマンショック以降、荷物の動きは鈍い様子ですが、中国の国内需要に向けて、今後、日本からの荷物が増える時を待ちながら、みんな、がんばっています!
上海とはまた違う雰囲気ではありますが、いいチームだと感じました。
image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です