神勝禅寺の新名所 一来亭

image
昨年、50周年を迎え、大きくリニューアルした神勝禅寺。
リニューアルから1年経って、新しい見所ができました。それが、茶室「一来亭」とその前のお庭です。
・臨済宗建仁寺派 神勝禅寺


一来亭は、千利休が京都の聚楽屋敷に建てたといわれる一畳台目の茶室を、中村昌生氏の設計により復元したもの。『家庭画報』10月号でも少し紹介されています。
image>
「秀路軒」から「一来亭」に続く山道を、今回新しく整備しました。
「無明院」から下ってくる道から、このお庭を眺めると、白い石を敷き詰めた庭はとってもモダンな印象です。
image
image
10月末から11月中旬に向けて、紅葉の神勝禅寺1は年で一番美しいシーズンになります。ぜひ、お近くの方は、足を伸ばしてみてください。
こちらは昨年11月20日過ぎの神勝禅寺の写真です。
2014-11-26 08.57.43
2014-11-26 08.57.54
2014-11-25 15.49.33

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です