G1中国・四国サミット その2

image
1中国・四国サミット二日目は、朝7時15分から、当日午後の登壇予定のセッションの打ち合わせからスタート。
全体会は朝8時から。地元出身の岸田文雄外務大臣も駆けつけて特別スピーチ。


午前中の全体会は、里山資本主義や瀬戸内海ベルト地帯の中心とした重厚長大産業など、この地域ならではのテーマで。
午後からは、客船「銀河」に乗ってランチタイムセッションをしながら、江田島に向かいました。江田島の海上自衛隊の学校と資料館の見学はほんとうに貴重な体験。実戦で使われた回天もありました!!!
image
image
image
スピーカーに池田海上自衛隊呉地方総監を迎えた全体会議。
image
そして最後の第8部。私は、「デザインの力、ブランドの力」をテーマに、グラフィックデザイナーの原研哉さん、マツダのデザイン本部長の前田育男さん、青山フラワーマーケットの井上英明さんをパネリストに迎えたセッションのモデレータを担当。五輪エンブレム問題から、デザインによるブランド再生の話まで・・・もうこのセッショは、時間無制限にしてほしかったです(笑)
裏番組(笑)では、福武財団の福武さん、広島出身の建築家の谷尻誠さん、そしてせとうちホールディングスの代表を務める弟が登壇するパネルも。クロスカンパニーの石川さんが仕切ってくれたようです。こちらは動画がアップされたら、ちゃんとチェックしておかなくきゃ(笑)
そして最後は、宮島の千畳閣でのクロージングセッション&特別参拝。あの場所で、リーダーの使命と自覚について考えることができたことは、参加者にとって大きな意味があったと思います。
image
客船「銀河」でのディナークルーズのあとは、広島市内へ。オタフクソースの佐々木社長のアレンジで、お好み焼きを堪能しました!!
image
アンデルセンの吉田さんをはじめ、父や弟たちがお世話になっていた多くの地元経済界のリーダーの方々にもたくさんご挨拶させていただく機会にもなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です