IMD@シンガポール その1

image
スイスのローザンヌにあるビジネススクールIMDが、昨年シンガポール校を開設。今年は、そのシンガポール校でIMDのマネジメント向け人気プログラムOWP(Orchestrating Wining Performance)を受講しました。

・OWP


2回目となるOWPですが、昨年、一昨年につづいてFamily Businessに特化した「Navigating Through the Complexity of the Family Business World 」というプログラムを中心に参加。
ファミリービジネスに携わっている人だけが参加できるこのプログラム。ローザンヌでも大人気で、5人以上で2世代に渡って参加するファミリーもありました。今回は従兄弟で参加している方を中心に12人という少人数の構成でした。
二日間という短い時間で、ファミリービジネスとノンファミリービジネスの違いやファミリービジネスの考え方、ガバナンスまで盛りだくさんの内容。
Family/Business/Ownerといった3つの視点からのアプローチのほか、さまざまなフレームワークなど、世界で最初にファミリービジネスの講座を開設したIMDならではの充実した内容。最近の新しい事例も含めて、この1年、私が直面していたさまざまな課題についての考え方、そして対応について改めて考えさせられました。
ファミリービジネスならではの難しさはもちろんありますが、どのような視点から、どのように関わり、どのように貢献するか。これまでのプログラムでの学びを再確認し、直面する課題への対応について大きなヒントをもらった時間でした。
image
image
image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です