私たちが創る、新しい生き方〜イクリプス再開に寄せて

私の大切な経営者の友人、奥本(日野)みずほさんが、彼女の会社をリスタートします。
・株式会社イクリプス


ご存知の方も多いと思いますが、ニューズ・ツー・ユーグループでネットPRソリューションを担当している株式会社パンセは、2009年末に当時のイクリプスからの事業譲渡によって設立されました。
・ネットPR発想のウェブソリューション会社 株式会社パンセ設立のお知らせ(from News2u.net 2009.12.10)

大学時代に起業した女性起業である彼女とは、起業家の団体であるEOで出会いました。当時の彼女は独身。私は保育園に通う子どもを抱えながら仕事をしていました。
彼女とは、ウェブデザイナーズ協会(現・一般社団法人日本Web協会)を一緒に立ち上げたり、彼女の結婚後も、家族ぐるみで付き合い、公私に渡って、最も親しくしていた友人でもありました。
そして、男の子を出産。
彼女は、育児と経営の両立について真剣に悩みました。そして育児に専念することを決め、当時の事業を事業譲渡という形で、私が引き受けることになりました。
行動力があり、実現力があり、集中力があり、その魅力で人を巻き込みながら、事業やプロジェクトを成功させてきた彼女。
そんな彼女が、育児という初めての経験に正面から向き合いたいという思いはとてもよくわかりました。
一方で、彼女の起業家精神、そして事業家としての能力を考えると、きっとまた、事業意欲が起こるに違いないと確信していました。
その時の経緯は、彼女のウェブサイトのメッセージに書かれてあります。
いま、日野さんの活動再開の連絡を受け、ほんとうにうれしく、心から応援しています。
彼女を含め、EOで出会った多くの女性起業家の生き方。選択の仕方は、次世代の女性起業家はもちろん、女性の働き方の可能性を大きく広げていると確信しています。
女性の仕事の仕方。
特に経営者としての事業やスタッフとの向き合い方。
私たちには、さまざまな選択肢があります。
私たちが、プライベートでも、そしてビジネスでも、新しいライフスタイル、仕事の仕方、そして経営責任を果たしていくこと。その経験が、次の世代の選択肢の広がりにつながります。
それは、女性、男性の性別を越えた、これからの日本の社会における、働き方の一つのロールモデルになると、信じています。
みずほちゃん、お帰りなさい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です