新生ツネイシホールディングスへ。

ツネイシホールディングスとツネイシビジネスサービスの合併ならびにツネイシホールディングスの役員人事について発表いたしました。
・ツネイシホールディングス株式会社がツネイシビジネスサービス株式会社を吸収合併(from News2u.net 2015.12.05)


これまでグループのシェアドサービスを担ってきたツネイシビジネスサービスですが、常石造船のグローバル化促進のため、また造船/海運からサービス業まで多様化するグループのニーズにより細かく対応するため、今回一部の機能を常石造船に移行し、残りの業務をツネイシホールディングスで吸収することになりました。
また新生ツネイシホールディングスの代表取締役社長には、末弟の神原宏達(41歳)が就任することになりました。
彼は、今年、常石グループの祖業である神原汽船の代表取締役社長に就任し、海運事業に注力してきましたが、1年を経て、満を持してのグループのトップ就任となります。
私も新生ツネイシホールディングスでCSV本部担当役員として、本年度に引き続きグループブランディングやグループ各社の価値向上に貢献することで、新社長を支えていきたいと思います。
>グループ各社のみなさん
時代の変化にあわせて、組織を柔軟に変化させることができるのも常石グループの大きな強みです。非常に厳しい海運造船業界ではありますが、多角化したグループの多様な人材と複数のネットワークを活用して、皆で力をあわせて、この難局をチャンスに変えていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です