新設クレーンの設置@常石工場

image
常石造船の常石工場では、約40年ぶり(!)の大型の設備投資をしています。
その第一弾として新しいクレーン3機を設置。そして、老朽化したクレーンの移動が実施されました。


クレーンの設置や移設を見るのは、私自身にとっても、工場の多くの人にとっても初めてのこと。
何といっても40年ぶりのことですからね!!
その模様をいろんな角度から写真に撮ってみました!!
組み立て前のクレーン。
image
image
足の部分の設置完了!
image
image
左端に新しいクレーンが設置されました!
image
“宙づりクレーン”で古いクレーンを移動中!まだまだ、活躍しますよ。
image
image
中国、韓国の造船所が造船バブルで設備投資の時期には、投資を控えていた日本の造船各社が、今年は大型投資に大きく舵を切っています。
今治造船さんも年初に400億円をかけた新規設備投資を発表しています。
・国内ドック16年ぶり新設 今治造船、円安で競争力(from日経新聞電子版 2015.01.29)

何度もの不況を乗り切ってきた100年企業の不況対策なのかもしれませんね。
瀬戸内海は、世界で活躍する船の生まれる場所。自然と一緒に、この産業を大事に守っていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です