一次情報で発信すること、一次情報で確認すること。

先日、年金積立金管理運用独立行政法人(以下、GPIF)が第4四半期の発表を行いました。
・年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF) 


今回GPIFでは、公式のYouTubeチャンネルを立ち上げ、これまでは、マスメディアなど限られた人しか参加できなかった記者会見の模様を、初めてYouTubeで公開しました。
この動画によって、実際にGPIFがどのように説明し、どのような質疑応答が行われたかを確認することができます。同時に、GPIF側が伝えたかったことと、メディアが伝えることのギャップが浮き彫りになりました。
世界でも教育レベルの高いと言われる日本人ですが、一方で、マスメディアの報道を鵜呑みにしがちで、メディアリテラシーは非常に低いと言われています。
インターネット上には企業や団体の公式の情報が提供されています。私たちは、メディアの報道だけでなく、インターネット上にあるこれらの一次情報をもっと活用し、自分で考えることが必要だと思います。
同時に伝えたいことが伝わらない。メディアが歪曲して伝える、と不満を持っている企業や団体サイドのみなさんも、ほんとうに伝える努力をしているかどうか、改めて考えてみてほしいです。
今回GPIFの情報発信をお手伝いさせていただきましたが、ポイントは2点。
一つは、既存のルールの中で、どのように情報を発信するかということ。そしてもうひとつは、それらの情報をどのようにしてステークホルダーに届けるかということです。
GPIF の公式サイトでは、他の金融機関同様、PDFでの情報提供しかしていません。また公式のソーシャルメディアのアカウントもないため、ソーシャルでの情報流通が実現されていません。また、外部委託のため、ウェブサイトの更新がタイムリーにできないという課題もありました。
1回だけのウェブサイトの更新とそこから情報発信をどうするか。
まず、1回だけの公式サイトへの情報更新は、YouTube の公式チャンネル開設のプレスリリースと、公式チャンネルへのリンクバナーの設置としました。
公式YouTubeチャンネル開設のリリースと、そのあとの2本の動画の公開について、合計3本のニュースリリースをNews2uから情報発信をしました。

・YouTubeのGPIF公式チャンネル(GPIFchannel)を開設しました(from News2u.net 2015.11.30 )

・年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)、本日(11月30日)の第2四半期運用状況記者会見(説明)の模様をYouTubeに公開(from News2u.net 2015.11.30 )

・年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)、本日(11月30日)の平成27年度 第2四半期運用状況記者会見(質疑応答)の模様をYouTubeに公開(from News2u.net 2015.11.30 )

News2uを使うことで
・PDFでは伝わりにくく拡散しにくい情報を、情報流通しやすいテキスト主体のニュースリリースの形式で発信する
・公式のプレスリリースではなく、動画の公開という小さなネタを、公式サイトのプレスリリースに依存せずに、タイムリーに情報発信をする
・Newsu2の公式のソーシャルアカウントで、情報流通を促進する
ということを実現しました。
企業や団体での情報発信は、既存のルールなどに縛られていたり、ウェブサイトの更新の予算なども限定されており、課題も山積みだと思いますが、今回のGPIF の対応のように、既存サイトはそのままにダイレクトにステークホルダーに届ける情報発信のツールを活用することができるということをもっと多くの方に知っていただければうれしいです。
一次情報の流通と、メディアリテラシーの向上に、News2uがお役に立てればうれしいです。
スクリーンショット 2015-12-04 17.17.18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です