矢崎総業訪問

image
矢崎総業のワールドヘッドクォーターである裾野のオフィス「Y-CITY」を訪問しました。
今回は、広島と東京から総勢9名での訪問。
三島駅に集合して、レンタカー2台で移動しました。
・Y-CITY Y-TOWN


今回の主目的は、BCMに関する情報交換。
事業規模や分野は違いますが、実は、非上場のファミリービジネスであり、地域社会との密接な関係など、類似点が多いのです。
会議のスタートの冒頭には、緊急時の避難経路の案内があり、驚きました。すべての会議で来訪者には案内をしているとのこと。東日本大震災以後のお取り組みを中心に現状と課題についてお話をお聞きしました。
常石サイドも、昨年1年の取り組みを紹介。質疑応答もとても活発でした。
image
image
情報交換のあとは、有名な「Y-CITY Y-TOWN」の視察。
もともとワイヤーハーネスの工場のあった跡地に、環境に配慮した福利厚生施設群「Y-TOWN御殿場」が完成したのは2008年。5ヘクタールもある広大な敷地に、本社を中心に、社宅、独身寮、プール、講堂、そして介護施設もある一大施設です。まるでアメリカの大学のキャンパスのようです。
image
image
本社ビルにあるライブラリーには、会長の推薦図書のコーナーもありました!
image
image
矢崎総業の考える社員の生活環境と職場環境に配慮した都市「Y-CITY Y-TOWN」。企業と地域の関係や責任についての考え方、そしてそのお取り組みは大変勉強になりました。
ご多忙の中、さまざまな調整、ご準備をいただいたご担当者のみなさま、ありがとうございました。
参考
・企業のみどりの保全・創出に関する取組み 「生物多様性につながる企業のみどり100選」都市づくり部門 2010日本建築学会作品選集、第2回静岡県景観賞最優秀賞 矢崎総業 Y-TOWN御殿場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です