東京-福山 3時間40分

東京から福山まで、福山に停まるのぞみを利用すると3時間40分。3時間40分もデスクワークがまとめてできることなんて滅多にありませんから、貴重な時間。ちゃんとお気に入りの食事が手配できたら、仕事の効率もあがるというものです(笑)


これから、この便で往復をすることになる新メンバーのために、3時間40分を充実した時間にするための私の食料調達の方法を公開します。
朝は6時の始発に乗る時は、コンビニで調達。駅の移動ルートでは好みのものが変えません(苦笑)
少し遅らせて7時代の場合は、八重洲南口のドトールで、ロイヤルミルクティと卵サンドイッチ。最近は、車内のコーヒーが美味しくなったので、スタバに寄る頻度はぐんと少なくなりました。
夕方の移動だと、発車20分前に東京駅を目指して大丸の地下で調達!
和食モードだと、お気に入りは和総菜の「えびす」のお総菜。こちらは単品で複数調達します。お肉モードなら叙々苑の焼き肉弁当とか韓カルビ「大雲」のお弁当。「たいめいけん」のオムライスもお気に入り。
デザートは、ポール・ボキューズのフルーツヨーグルトか千疋屋でケーキ。お土産に「青野」の和菓子を買ったり。
そうそう、ジューススタンドのジュースを持って乗ることもあります。
これらのお弁当を新幹線で広げて食べるのがお気に入りです(笑)
意外に思われるかもしれませんが、新幹線で移動するときにお酒を飲むことはありません。
ちなみに福山から東京に向う時は、リトルマーメイドのパンやスープ。あるいは、「さんすて」にある「もりせん」のおにぎり&お惣菜が多いです。
弟(B3)は、駅前の「吉野家」で牛丼を調達して新幹線内で食べるという噂がありますが、さすがにチャレンジしたことはありません(苦笑)
追記
最近の東京始発の新幹線は、本数の増加のせいもあり、ドアが開くのが出発5分前くらい。早めにホームに行っても、なかなか車内に入れませんのでご注意を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です