働きがい向上委員会

今年から、常石グループの「働きがい向上委員会」の委員長に任命されました。
常石グループでは、グループの経営者は、事業についてはもちろん、社員、そして地域に対しての責任を果たすために指標を掲げています。
従業員意識調査もその指標のひとつ。


従業員の満足度を高めることで、顧客に対してのサービス/製品の質を上げ、そして業績に結びつける。常石グループでは、このサイクルのスタートに従業員満足をもってきており、それを推進するために、各社役員クラスが参加するのが「働きがい向上委員会」です。
今年6年目となる「働きがい向上委員会」の1回目の連絡会を本日開催しました。
新卒で常石グループに入社。勤続40年近い方から、入社4ヶ月という方まで、各社社長か取締役が11名参加。みなさんのご経験の中から、常石グループの良き伝統や文化。あるいは時代に合わせて変化しなければならないことなどが浮かび上がってくると思い、今日はワークショップ形式で展開。
事業の内容も多岐に渡りますが、なによりも、みなさんがそれぞれ興味関心のあることの多くが「ダイバーシティ」に関するものだったのに驚きました。
そしてもう一つが仕事への「誇り」。家族に、そして次の世代に、「誇れる仕事」として、いかに仕事の意義を伝えていくか。
これらの気付きと課題を解決する為に、今年1年各社で活動を展開していきます。
初めてのチャレンジになりますが、成果と変化が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です