早朝の進水式

image
常石工場の進水式は、潮によって時間が変わります。
今日の進水式のスタートは朝7時20分。多分、1年で一番早い時間の開催です。進水式の準備で、工場は早くから稼働。私たちが到着したときも、まだクレーンのライトが付いていて、いつもとは違った雰囲気です。


今日の船は、5万8000トン。
この船台での進水では、最大が8万2000トンですから、それと比べるとやっぱり小さく感じます。
でも、初めて見る人にとっては、やっぱり相当な大きさに感じるでしょうね(笑)
船をオーダーしてくださった船主さん。ここで船造りに関わった人たち。そして進水式を見学に着てくれた方々・・・いろんな方の、いろんな思いを受けとめて、静かに海に進水していく船。やはり進水式は何度見ても感動しますね。
進水式の後は、岸壁での数ヶ月の工事の後に引渡となります。
引渡については、一般公開していないのですが、工場から船が出て行くのも、また感動します。
機会があれば、船内見学などもご紹介したいです。
・2016年2月4日、5万8千トンバルカーの進水式をライブ中継~常石造船 広島県福山市 常石工場 第一船台(from News2u.net 2016.01.26)

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です