シニアに支えられて。

父との懇話会の翌日は、グループの各事業の紹介。
朝一番は、新事業であえるせとうちシープレインズについて、松本副社長から事業のレクチャーを受けました。


松本副社長は、運輸省からJALの関連会社を経て、一度リアイアしたあとに、せとうちシープレインズに参加してくださった方。父と同じ70代です。
戦後初の水上飛行機の事業ということで、多くの仲間にも声をかけてくださり、熱い思いで事業化を推進してくださっています。
それにしても、私の周りには、夢を見る力を持っている70代の方のなんと多いことか!
夢を見るのは、若い人の専売特許じゃないんですね(笑)
アラフィフを中心にした百戦錬磨の創業社長たちととはいえ、70代のシニア経営者である父や、同じく70代の航空業界のプロフェッショナルが現役で活躍する様子は大きな刺激になったのではないかと思います。
ステキなシニアの存在は、ほんとうに大きな励みになります。
私たちも、シニアに負けないように、がんばらなければ!
image
image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です