News2uグループ、初めての帰宅困難訓練

東日本大震災から5年。ニューズ・ツー・ユーでは、3月11日を1回目として、業務に支障のないよう調整しながら、今月3回の帰宅困難訓練を実施しています。


あの日、徒歩で自宅に帰ることを選んだ家族のある男性スタッフ。混乱のなか長時間の徒歩での帰宅の大変さを知りました。一方で、一人暮らしの家に帰る帰路の不安から、オフィスに残ることを決めたスタッフ。その経験から、私たちは緊急時連絡と帰宅ルートの確認を実施しています。
そして、今回初めての訓練を実施しました。
実施の内容は、以下の5つ。事前申請した実施日に、実際に確認をしてもらいました。
1:防災セット、個人用備蓄セットの確認
2:退避用スニーカーの確認
3:帰宅経路の確認
4:退避場所(北の丸公園)の現地確認
5:帰宅経路の現地確認
実施当日は、訓練終了時間として19時を目安とし、15時から開始しました。その間の確認は写真と一緒に、スタッフ限定のFacebookグループにアップ。
初めての実施でしたが、思っているよりも時間がかかったりしていることもわかったりして、実際にやることの意味を実感できたのではないでしょうか。
会社で働いているスタッフは、家庭ではお父さんだったり、お母さんだったり、別の役割があります。その両方の視点から、いざというときにどのような役割をすべきか、みんなで事前に確認しておくことが大事です。
スムーズに企画をまとめ、実行してくれた管理部ならびにマネージャーの皆さん、ありがとうございました。
スクリーンショット 2016-03-13 14.27.02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です