周防大島 訪問 その1

せとうち生まれの「里山資本主義」。
その元祖ともいえる「瀬戸内ジャムズガーデン」の松嶋さんに、アレンジいただき、山口県周防大島に行ってきました。
・瀬戸内ジャムズガーデン


松嶋さんは”嫁ターン”で、奥さんの実家である周防大島に移住しました。
島の主産業である”みかん”でジャム作りをはじめ、いまでは1年間に160種類、13万個のジャムを生産、製造、販売をしている六次産業の代表として、「里山資本主義」やその他のメディアでも紹介されています。
image
image
image
観光農園をしたかったというみらいガーデンファームの山形さんはIターンで周防大島に。現在は、季節に応じていろんな果実が収穫できるようにと、ぶどう、ブルーベリー、いちじくの生産に取り組んでいます。島に来た当初は、ジャムズガーデンで仕事しながら農地を探したそうです。
・みらいガーデンファーム
image
image
オイシーフーズ(Oisea)という素敵な名前の会社は、地元産のひじきやいりこ、そしてオイルさーディーンを作っている会社。この新村さんも、松嶋さんに影響された一人。お兄さんが板前さん、弟が漁師ということで、素材はもちろん、お味も最高のオイルさーディーンです♪
・オイシーフーズ
image
image
今回の宿泊場所でもある「石鍋亭」のオーナー、宮地さん夫妻もIターン。海が見える古民家を改装して、1日1組限定の宿を経営しています。キッチンで楽しそうに料理をし、そして一升瓶を抱えてのみ会に参加する(!)宮地さん。こんなにリラックスして過ごせるお宿があるのかと、驚きました。
・石鍋亭
image
image
image
この里山資本主義を巡るスタディーツアー&勉強会。
新しい仲間との出会いで、毎回わくわくしています♪
・オーガニックなイベント(from minako’s blog 2016.05.20)
里山資本主義

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です