「檀~もう一度、妻になれたら~」 

宮本信子さんの出演しているリーディング=朗読劇「壇~もう一度、妻になれたら~」を草月ホールに観にいきました。

・りゅーとぴあ発・新リーディングシリーズ「ふたりものがたり」
「檀」~もう一度、妻になれたら~


宮本さんは、作家・壇一雄の妻ヨソ子役。
そして彼女にインタビューをしているノンフィクション作家・沢木耕太郎に中井貴一さん。
ずっと台本を手に、それ読んでいる形で進行する二人だけのお芝居です。
未亡人のヨソ子さんを演じる宮本さん。
回想をしている中で、沢木耕太郎を演じている中井さんが、時に壇一雄となり、過去のヨソ子さんの生々しい感情を表現する。
浮かび上がる過去と、その感情をひきずっている現在。そしてそこから開放されていく様子。
さまざまな感情を押さて生きてきたヨソ子という女性を、静かに、熱く演じる宮本さん。どこか悲しい、そして美しい舞台でした。
image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です