小型飛行機KODIAK 100製造現場へ〜Quest Aircraft訪問

いよいよ8月10日から、戦後初の水上機による周遊サービスを開始する「せとうちSEAPLANES」。その遊覧飛行で利用する飛行機「KODIAK 100」を製造しているQuest Aircraft社にお邪魔してきました。
・Quest Aircraft


Quest Aircraft社があるのは、米国アイダホ州のサンドポイントという人口約7000人の小さな町。Quest Aircraft社はこの町で、2001年に誕生。世界でも新しい航空機製造会社のひとつで、すでにお知らせしている通り、2015年2月に常石グループのグループ企業になり、今年1月には、三井物産さんが資本参加しています。
・常石グループが小型航空機事業に参入(from News2u.net 2015.02.20)
・Quest社の三井物産株式会社を引受先とする第三者割当増資実施のお知らせ(from News2u.net 2016.01.13)
従業員数は約200名。2007年にFAAの認証を受けた、この工場では毎年30機強の機体を製造。これまで150機以上、製造販売しています。
image
工場の中は、6000以上の部品を一つずつ手作業で組み立てていきます。
小さなパーツを作る作業から、それらを組み合わせていく工程へ。
image
image
機体の中にはさまざまなワイヤーが入っています。
image
image
image
image
image
image
エンジンのパーツを細かくチェックしている専任のメカニック。
image
本体に翼をつけて、エンジンをつけて、プロペラをつけて、タイヤをつけて。
ここで製造している時はグリーンの機体ですが、完成後にペイントします。
image
image
若い人と熟練(!)の人が、一緒に一つの機体を作り上げていく様子は、大きさと重さは随分違いますが、船と同様。
FAA認定の工場での、安心安全な機体作りの現場を確認できました。
ちなみにせとうちSEAPLANESが運航する水上飛行機は、このKODIA100にフロートを付けた機材になります。
常石造船からも工場長クラスが何人も現地に足を運んで、工場内のレイアウトや工程について意見交換やアドバイスをしてきた結果、現在は製造ラインを2ラインに拡張中とのこと。
常石グループのものづくりは、船から飛行機へ広がっています。
追記
Quest Aircraft社のある米国アイダホ州サンドポイントは、瀬戸内海同様、穏やかで美しい町。2011 年 の夏にはUSAトゥデイ/ランドマクナリーの調査で「アメリカの最も美しい小さな町」に選ばれているそうです。
・ここはアメリカで最も美しい町ですか?(from WORLD PROPERTY JOURNAL 2013.08.07)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です