防災ブックレット「油断しないで 福山の地震」

地元のNPO法人コミュニティルネッサンス研究所がまとめた「油断しないで 福山の地震〜福山市民が知っておきたい地震知識と備え〜」。
地震の仕組みの解説から、福山地域の過去の災害、そして災害への備えについて、具体的に紹介してある小冊子です。


親の世代から、この地域は地震がないと聞かされてきましたが、実際は100年に1度の周期で南海トラフ沿いの地震の被害にあっていること。そして、福山北断層、鞆断層の存在も初めて知りました。
福山には芦田川という大きな川があります。そして海と山がすぐ近くにあるという地形的な特徴もあります。歴史を振り返って、過去の地形と災害の被害について正しく知ることはとても大事なことです。
そして、想定される災害の規模を知り、私たちの現在の生活を維持する為に、どのような対策をとっておくべきなのかを考えることヒントを与えてくれます。
災害は、なかなか自分事になりません。特に被災した自分や地域のイメージは沸かないものだと思います。
この冊子は、福山という地域を掘り下げて書いてあるので、とてもリアルに地震や災害について考えることができると思います。
福山地区の多くの方が、この冊子を手にしてくれることを願います。
素晴らしい冊子をまとめていただいたNPO法人コミュニティルネッサンス研究所のみなさま、ありがとうございました。
・NPO法人コミュニティルネッサンス研究所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です