Innovators 100 Hiroshima キックオフ@神石高原ホテル

image
広島県が県内の企業向けに提供しているイノベーション創造のためのプログラム「Innovators 100 Hiroshima」の2期目のキックオフ。1期に続き、ボード・オブ・イノベーターとして今回も参加させていただきます。
・Innovators 100 Hiroshima


このプログラム、県内の企業であれば、1〜2名無料で参加できるというもの。県内の歴史ある企業から、ベンチャーまでが参加して、自社のイノベーションについて考える様々な”仕掛け”がされているこのプログラム。新市場の開拓や研修の一貫としてはもちろん、地域の他の業界や業種の若手同士の交流の場としても活用できます。
しかも,費用はゼロ!
イノベーション推進を提唱している湯崎知事、さすがです(笑)
初日は、ボード・オブ・イノベーターからのショートプレゼン。
私は、常石グループの熊本支援活動について紹介させていただきました。
image
国内ジーンズの40%を生産するカイハラ副会長の備後絣からデニムにつながる商品転換のお話は、まさにイノベーションの連続。カルビーの松尾顧問は、”古典的なイノベーションの話”として、「真善美」の重要性についてお話くださいました。
一橋大学の鷲田先生のポケベルから自撮棒までのユーザー型イノベーションの話。ご自身が企業内起業家だった元リコーの瀬川さんは「志」と「野心」の違いを解説。青臭いのに腹黒く社内の調整ができる”青黒い人”になれとのメッセージも。カゲンの子安さんから「裏を読む」「領域侵犯」「面白がる」の飲食業会の実例もおもしろかったです。
そのほかロボットデザインやデザイナーとしても有名な松井龍也さん。広島のベンチャーの雄、バルコムの山坂さんのお話は、まさに、地方の「虎」!!
2期目の今回も、盛りだくさん。さらにバージョンアップしたInnovators 100 Hiroshima。これから年末まで、みなさんの変化と成長が楽しみです!
image
image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です