パラグアイからの手紙

image
パラグアイにある「日本パラグアイ学院」から、ツネイシみらい財団に手紙が届きました。

この7月、日本パラグアイ学院の修学旅行生と教員等あわせて総数21名が広島に来ました。その際に、常石造船の工場見学や神勝寺での禅体験。そして地元中学校との交流会などをしたことへの御礼の手紙でした。

常石グループでは、2007年にパラグアイに「パラグアイ神原基金」と「神原育英会」を設立。パラグアイ日系社会の産業振興と教育の両方での支援をしています。今回は、常石グループが修学旅行生たちを広島に招聘し、ツネイシみらい財団がそれを支援させていただきました。

・ツネイシみらい財団

パラグアイの日系コミュニティでは、日本語をはじめ、日本文化をみなさん大事にしています。この手紙からもそれが伝わってきます。今回の子どもたちの体験を通じて、日本とパラグアイの絆がより深くなるきっかけになっていればうれしいです。

image

・「神原基金」と「神原育英会」の成り立ちと今後(2010.05.28 fromディスカバー・ニッケイ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です