大変革の時代をどう生きるか〜第12回常石CSV講演会〜

2_酒井先生講演中
昨年から実施している常石CSV講演会。第12回目の講師は、NPOカタリバ 理事や介護メディアのKAIGO LAB 編集長など、幅広い分野で活躍している酒井穣さん。これまでビジネス環境はビジネススキルに関する内容が多かったのですが、今回は少子高齢化の日本における生き方をテーマにお話いただきました。

現在の日本の平均年齢は、46.6歳。日本の人口も2100年には3700万~4700万人になるであろうといわれています。
このように社会が大きく変わっている現在大切なのは、変化に対応する心構えを持つこと。異なる価値観を持つ人たちと積極的に出会う場を作り、視野を広げていくことが大事です。

人間の行動特性や脳の特性など、生物学的なアプローチでお話しいただいたり、「ヤマメではなく、サクラマスになろう!」と言う魚釣り好きな酒井さんらしいメッセージを交えたわかりやすい内容で、あっという間の2時間の講演となりました。

酒井さん、ご多忙の中、広島までおいでいただき、どうもありがとうございました!

1_会場引き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です