EO Asia Bridge Campus @ CEBU その2

image

EO のイベントのキーワード。それは“One a lifetime experience”。
おもてなしも含めて、自分自身がそれを意識して参加する事で、一生に一度の学びや経験ができます。
今回の私の“One a lifetime experience”は、英語でのパネルへの登壇。

業界別のセッションで、製造業の方のパネルとして登壇依頼が来たときには、とても無理と思って固辞したのですが、事前に質問を頂ける事と、QA用に通訳を用意いただくことで、なんとか決心(笑)

セブは、常石グループにとってもご縁の深い土地。ここにある Tsuneishi Heavy Industries Inc (CEBU)は、常石造船の製造拠点として最大規模を誇るマザー工場でもあります。
それもあっての登壇依頼だったのですが、テーマは製造業におけるイノベーションやダウンサイジングに加えて、なぜ我々がセブを選んだかという質問もありました。
Google翻訳とスタッフの力を借りながら、十分な準備を用意して望みました(笑)

英語を母国語にしている人は少ない中での英語でのコミュニケーションなので、しゃべるのはなんとかいけましたが、質問などを聞き取るのはやはり難しかったです。

それでも、常石の企業文化。日本企業の考え方などについて、少しでも会場の皆さんと共有できたのではないかと思います。

とはいえ、最終日のパネルだったので、その準備で実は、ほとんど連日お酒抜きでした(笑)

チャレンジしてみて良かったとは思いますが、周囲の方へのご迷惑も含めて、やはりこれは“One a lifetime experience”とういことで、最初で最後にしたいですね(苦笑)
image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です