Heritage

image

今年、常石造船が設立100周年を迎えます。
造船海運業界が低迷しているタイミングでの100周年ですが(苦笑)、それでも昨年から、次世代に引き継ぐべきものをまとめるプロジェクトが動いています。

同時に、高齢化してきた親世代が持っている遺産・・・写真などの物理的なものから、思い出まで、いかに共有化していくか、考えるタイミングにきていると思います。そして、それはやるべき事の最上位にあるべきだと。

100周年プロジェクト関連のミーティングで、改めて思いました。

限られた時間のなかで、後回しに出来ないものをしっかりリスト化して、取り組まなければと思っています。

叔父からもらった、1968年の20万トンドック竣工記念の手ぬぐい。
image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です