あんずの里 田尻

image

ぬまくま夢工房の中島さんのご案内で、田尻のあんず畑を見に行きました。
田尻港から細い道を登った、鞆の浦の裏側の瀬戸内海を一望できる山の中腹に植えられたあんずの木々。ここでは「福山大杏」などを中心に、さまざまなあんずの木の栽培がされています。

私にとって田尻といえばあさり。ベラビスタ マリーナのイタリアン「Sofu カフェ」でいただくボンゴレは、田尻のあさりを使ったもので、とにかくそのプルプルとした食感と香りに魅了されていたので、田尻でこんなにたくさんのあんずが植えられ、研究されているというのは驚きでした!

よく考えると、子供の頃は、頂いたあんず、ほおばって食べてましたが、あれは、きっと田尻のあんずだったんですね!

田尻の町の家々にも、あんずの木が植えられています。
あんずの花が咲いている頃にまた、お邪魔したいです!

image

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です