夢の饗宴@ベラビスタ〜TAKAZAWA night

image

東京では予約のとれないお店として有名な「TAKAZAWA」ですが、なんとベラビスタで、瀬戸内の食材を使ったコラボディナーが二日に渡って開催されました。

・TAKAZAWA

瀬戸内キロメートルゼロを提唱する「Erretegia」。東京を代表するレストラン「TAKAZAWA」。この二つのお店で共通している生産者の方々にご協力をいただいた、スペシャルディナー。

まず、今回のメニューで使われているせとうちの神経絞めされた鯛や、古代からの方法で製塩を続ける弓削島の塩、そして小豆島のオリーブ。3人の生産者さんのプレゼンテーションと一緒に、その味をしっかり体験する“ラボ”的な一皿からスタート。

image
image

場所をキッチンに移してのディナーは、時に感嘆のため息があり、静寂があり・・・と、一皿ごとのストーリーに魅了された、まさに赤坂から瀬戸内海に場所を移した「TAKAZAWA 劇場」でした。

image

image

贅沢に鯛でとった出汁に、藤本さんの神経絞めした鯛と地元のワカメを”しゃぶしゃぶ”。わかめの色の変化も楽しみます。
image

こちらは、カイハラデニムの上に、地元の野菜&味噌で構成された一皿。スモークされた軍手でいただきます。地域のエッセンスがぎゅっと詰まっています。
image
image

デザートのフランベは、両シェフが各席を回ってサーブ。
image

今回のディナーのペアリングに挑戦したのは、ベラビスタのソムリエ 福井さん。広島県内のワインの生産地として有名な三次ワインや鞆の浦の「保命酒」を使ったベラビスタハイボール。ノンアルコールのペアリングも、福山の薔薇を使ったりした、すばらしい内容でした。

image

竹原からは、おなじみ「竹鶴」さんも駆けつけてコメントをくださいました!
image

そして、二次会。瀬戸内のB級グルメも高澤プロデュースだと、こんなに素敵になるんですね!!

image

一口お好み焼き!!
image

手ごね竹輪に自家製チョリソーをせとうちレモンで。
image

二次会でフグ飯!?
image

高澤シェフ、マダム、チーム高澤のみなさん。そして藤井シェフ率いるチーム・エレテギアのみんな。
素晴らしい時間をほんとうにありがとうございました!

ここでやってみたかった、一つの夢が実現した夜でした。
この感動を次回につなげていきたいですね。

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です