治るという前提でがんになった

治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ

治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ」著者の高山さんは、10年来の友人。
年齢は彼の方がちょっと若いですが(笑)、彼が創業した会社、オーシャンブリッジとニューズ・ツー・ユーは同じ年。そして、私は2003年から、彼は2004年からブログを書く、ブロガー仲間でもあります。

昨年の夏に出版され、ずっとデスクの上にあったこの本を読もうと思ったのは、実は、彼が再度入院をするということをFacebookで知ってからです。

仕事との関わり方を変えざるを得なかった経営者の彼。
家族との関わりを見つめ直した家庭人としての彼。

3度目の闘病生活に臨む彼について、もっと知りたい。その強さも、弱さも。そして、仕事への思い、家族への思い・・・。

この本から、彼のひたむきさ、前向きさを改めて知りました。
生きていること、生かされていること。そして、多くの人に支えられていること。彼を応援している友人の一人として、心からのエールを送ります。

そして、2冊目の著書を楽しみにしています!

・2度のがんを乗り越えたIT起業家(from IT Pro 2017.03.21 )

治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ
高山 知朗
幻冬舎 (2016-09-08)
売り上げランキング: 28,328

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です