第9回G1 サミット その1

image

海道ルスツで開催された第9回目となるG1 サミット。
今回のテーマは「世界の規範となる日本」。ほんとうに多分野の多彩な人たちが集った充実した三日間でした。
・G1 サミット

分科会では、5つのセッションが平行して開催されるので、何に参加をするか本当に悩むのですが、今回は、安全保障関連のセッションを中心に、地方創生、そしてメディアや情報発信に関するテーマに参加しました。

G1に参加するときの個人的な視点は、普段興味を持っていない分野のセッションにできるだけ参加をするということ。知りたいこと、興味を持っていることは、自然と情報が入ってきますが、そうじゃない分野に触れる機会は普段は少ないです。ましてやG1ではその分野の最高峰の方々のお話を直接聞くことができます。

高校生になった息子も、都市デザインや音楽などの本セッションに参加したようです。はなまる学習会プロデュースのジュニア向けカリキュラムやティーン向けのセッションも。家族で参加できるのもありがたいです。

初日の夜のナイトセッションは30のテーマに分かれてのディープなディスカッション。これらの内容を、最終日に発表するというスタイルでかなりハードです。

毎年ここでお目にかかる方々と、G1以外の場所でもご一緒することが増えてきてきます。ここでのご縁が、公私に渡っての深い友情に発展していっていることを改めて感じます。

いつも新しい気づき、学び、そして体験を提供してくれるG1。
素晴らしい会の企画運営に関わってくださっているグロービスのみなさん、ほんとうにありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です