トヨトミの野望

トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業

昨年発売の「トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業」。
確か新聞広告で見て面白そうだなと思ったままにしていたのですが、身近な人から強力に推薦されたので、さっそく読んでみました。

そもそも作者が匿名の経済記者という(笑)
もちろん、モデルになっているのは、トヨタ自動車。
創業家とノンファミリー経営者の確執。創業家内の本家、分家の関係。
フィクションとはいえ、新聞で目にしたり、耳にしたりしている人や事象とオーバーラップすること多くて、楽しくて一気に読んでしまいました。

あまりの面白さに、周囲の人に「読んだ?」と聞いたところ、意外と読んでいる人が少なくてびっくり。書店で見かけない・・・という話も聞いたけど、本当???

どんな大きな会社でも、最初は一人の人が興している。
そして、経営に正解はない、ということを改めて感じるました。

ところでこの作者誰なんでしょう(笑)

トヨトミの野望 小説・巨大自動車企業
梶山 三郎
講談社
売り上げランキング: 1,331

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です