国際平和のための世界経済人会議ミニフォーラム(ヒロシマ会議)

image
昨年に続いて、広島県が主催する「国際平和のための世界経済人会議ミニフォーラム」に参加しました。

・国際平和のための世界経済人会議

ノーベル平和賞受賞者ジェリー・ホワイト氏による基調講演に続いて、国連広報センター所長の根本かおるさんから、SDGsの解説。
平和と金融、テクノロジー、メディア、環境、グローバルヘルスとさまざまな角度から平和とSDGsについて議論されました。

image

私は、最後の全体セッション「広島の平和を世界に広げSDGsを達成する」にパネリストとして登壇させていただきました。

雇用を守るためには、社会の変化に常に対応すると同時に、持続可能なビジネスでなければならないと」考えている日本企業が多いと思います。
国内でSDGsの認知が進まない背景には、日本企業の多くにとって、あまりにも当たり前のことだからではないかと思っていました。

一方で、企業のグローバル化が進み、サプライチェーンの末端で何が起こっているかをしっかり確認できていないことも多いようです。
日本人として、地球人として、次世代のことを考えた経営をすること。同時に、人々が次世代を考えた暮らしをしていく中で、企業をしっかり見極める知識が必要だと思います。

SDGsについて集中的に学んだ1日でした。

湯崎知事は、会の最後に、この会議を「ダボス会議」のように「ヒロシマ会議」として認知されるよう、今後も活動を継続していくと締めくくりました。
来年もぜひ、開催してほしいです!

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です