24年が経ちました。

1993年10月1日。
その年の3月に修士課程を修了したばかりの私は、広島に戻りたくない一心で(笑)、起業しました。

あれから、24年。
すごく大きな変化があったような気もするし、何も変わっていないような気もします。

25歳の自分を振り返って思うのは、大人になると臆病になるということ。
自分の殻を壊すこと、世界を広げることは、若ければ若いほどいい。
そして、それを眩しくみながら、見守ってくれる大人になりたい。
私にとってそれは、起業の背中を押してくれた祖母だったのかもしれません。

東京の片隅で、一人だけの小さな会社からスタートできたことは、私の財産です。同時に、このブログやFacebookなどを通じて、これまで頂戴した多くの方とのご縁がつながっていることを実感しています。
ほんとうにありがとうございます。

経営者としての25年目のスタート。
そして来年は、企業から25年、そして50歳です!
なんだか、歳をとったな〜〜と思わなくもないですが(苦笑)、初めて作った名刺で、躊躇しながら名刺交換をしていた25歳の自分を思い出し、初心を忘れずに、日々がんばっていきたいと思っています。

みなさま、引き続き、よろしくおねがいいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です