海外リスクを想定したBCM訓練

image

ツネイシホールディングスの部長以上が勢ぞろいして、独自のシナリオによる、海外リスクを想定したBCMのレクチャーとトレーニングを実施しました。
海外安全対策は、外務省の「ゴルゴ13」を使ったキャンペーンでも有名ですよね。

・「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」 外務省 海外安全ホームページ

前半はレクチャー。
常石グループの各社が進出している国の安全度の確認からスタートして、さまざまなシチュエーションでの対応について学びます。

後半は、具体的なシナリオで、緊急対策本部を設置して、どんな対応をするかをシミュレーション。海外での有事の際には、現地警察や政府機関との連携など、国内とは違うことが多いですよね。

実際に活用することがないに越したことはありませんが、BCMについては、知識の有無、情報へのアクセス手段の有無によって、結果が大きく変わります。
いざという時に、正しい判断ができるように。
継続したトレーニングを実施をしていきましょう。

海外出張の際は、ぜひ事前に「たびレジ」登録を。

・たびレジ 外務省海外旅行登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です