The Japan Times代理店向け媒体説明会

image

経営体制が刷新してから初めての代理店向けの媒体説明会を開催しました。
120年も歴史があるので、「The Japan Times」という名前を知っている方は多いようですが、実際にどのような紙面で、どのように活用されているのか。
具体的なご説明をさせていただきました。

image
image

世界随一のクオリティペーパーであるニューヨークタイムズと提携して4年。
The Japan Timesの読者=ニューヨークタイムズの読者ですから、新聞というマスメディアとしてではなく、限られた読者に対してのターゲティングメディアとしてのポジショニングをしっかり理解しいていただけるようにしなくては。

読者のライフスタイルも変わってきている中、The Japan Timesも、今年4月にはロゴを刷新し、紙面もリニューアルしています。

英語圏への情報流通ルートの設計を考えた時に、本に関する情報ソースとして、海外のメディアでも多く引用されている点もしっかりアピールさせていただきました。

広告も、広告企画も、読者にとっては重要な情報の一つです。
120年にわたる読者との信頼関係を、次世代につないでいくことためには、まず広告主の皆さんからの信用と、媒体としての品格を維持することが大事です。
丁寧にコミュニケーションをしていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です