Integrity as a top priority〜いつの時代も、どんな環境でも、読者、ユーザー、そして仲間に対して、誠実でいよう

スクリーンショット 2018-01-04 23.26.19

News2u、パンセ、そしてジャパンタイムズの皆さん、新年、明けましておめでとうございます。

21世紀の1/4が終わろうとしている2018年は、明治維新から150年の節目の年でもあります。
2001年、21世紀にはいって誕生したNews2u。
そして、昨年News2uグループに迎えたジャパンタイムズは、1897年に創刊し、120年の歴史があります。

世紀を越えて、情報発信をしつづけてきたジャパンタイムズと一緒に、ニューズ・ツー・ユーグループとして、次の世紀を迎えるためには、なにをしなければならないのか。

大国との不平等条約を改定するために、日本の現状について、英語で正しく伝えるという大義をもって誕生したジャパンタイムズは、2度の大戦を経て、不本意な状況での情報発信を余儀なくされた時期も経験しています。

国内初のネットPRサービスを誕生したNews2uは、トップランナーならではの苦しみもたくさん経験しました。知識の少ないユーザーへの説明責任を果たしていない類似サービスの台頭の中、正論を言い続けることは、大変な忍耐が必要でした。

いま、グループ経営を考えるときに、信念を持って正しい情報を届けるという誠実さ、そして誠実であることへの情熱と経験が、私たちの企業文化であると改めて感じています。

いつの時代も、どんな環境においても、読者やユーザーに誠実であり続けるためには、私たちは存在し続けなければなりません。
22世紀へのこのNews2uグループをつないでいくために、今年は、グループ経営基盤強化を実現する、とても重要な1年になると思っています。

Integrity as a top priority
いつの時代も、どんな環境でも
読者、ユーザー、そして仲間に対して、誠実でいよう

未来のわたしたちの仲間のために、この1年も頑張りましょう。

ニューズ・ツー・ユーグループの仲間たち、そしてご家族のみなさんにとって、良き1年となりますようお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です