ジャパンタイムズsatoyamaコンソーシアム キックオフフォーラム 開催!

image

ジャパンタイムズのsatoyamaコンソーシアムがいよいよ船出。
その初めてのイベントとなる、里山資本主義のキーパーソンが勢ぞろいしたキックオフフォーラム。40を越える全国の協力自治体を中心に、大勢の方にご参加頂き、
無事終了しました。

・Japan Times Satoyama推進コンソーシアム キックオフフォーラム(参加無料)を2月13日(火)に開催

冒頭には、三重県知事の鈴木英敬さんからのビデオメッセージ。
本フォーラムへの期待のお言葉をいただきました!ありがとうございました!

image

瀬戸内ジャムズガーデンの松嶋さんの講演では、松嶋さんの挑戦と、地域の変化を生々しく語っていただきました。
冒頭、いきなり松嶋さんが会場に質問をして、ジャパンタイムズの購読者数よりも瀬戸内ジャムズガーデンの購買者数のほうが圧倒的に多かったのは、本当にショックでした(苦笑)

image

NTTの栗山さん、広島県庁の木村さん、伊勢志摩里海学舎の下川さんのお三方にご登壇いただいた「実践者と民間・公共との連携」をテーマにしたパネルディスカッション。アドバイザーでもある御立さんの素晴らしいモデレーションで、もっとはお話を聞きたい!という声がたくさんありました。

image
image

そして、藻谷浩介さんの講演。
なんども聞いているにも関わらず、その破壊力の高さ!に改めて感動しました。
今、私たちはどこにいるのか。改めて考えさせられました。

image

衆議院議員の小林史明先生のほか、飛び入り参加をしてくださった志摩市の竹内市長、「里山資本主義」の生みの親のひとりでもあるNHKの井上恭介さんからもご挨拶をいただきました。

image
image

今回、司会をお願いしたのは、本フォーラムの事務局長で前横須賀市長の吉田さん。初めてのことでいろいろありましたが、素晴らしいアドリブとツッコミで、とても和やかな雰囲気でフォーラムを進めていただきました。さすがです(笑)

また、今回のキックオフフォーラムには、総務省と環境省からも後援をいただきました。関係者の皆さまに、心から御礼申し上げます。

初めての自主企画イベントで、手探り状態ではありましたが、事務局をはじめ、ジャパンタイムズのメンバーのチームワークで、素晴らしい会になったと思います!
お疲れ様&ありがとうござました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です