世界のボーディングスクールの実際と未来の教育について~教育セミナー@広島

image

次世代教育環境開発(NEED)主催の教育セミナー@広島を開催しました。
今回のスピーカーは、NEEDアドバイザーの東京インターナショナルグループの坪谷先生、前オックスフォードドラゴンスクール校長のJohn Baugh先生に加えて、2019年4月に開校予定の広島叡知学園のアドバイザーDavid Booker先生にもお話しいただきました。

・世界のボーディングスクールの実際と未来の教育について~英国でボーディングスクールが選ばれる理由と、日本における可能性~

坪谷先生からは、日本の教育の優れた点と課題について。特にファクトに基づく英語教育の課題については、参加している方々皆さん大きくうなずいていらっしゃいました。

John先生は、産業革命時に作られた教育と、これからの教育のあるべき姿を比較。新しい教育のあり方についてお話しくださいました。

image

David先生は、全寮制という環境は24時間学ぶことができるコミュニティであるというテーマでお話しくださいました。

image

地元の保護者の方だけでなく、遠方からいらっしゃった教育関係者の参加も多く、驚きました。

質疑応答では、David先生とJohn先生のお二人が、ご自身の経験から回答してくれるという贅沢な時間に。

image

広島での新しい教育の取り組みに、英国の教育者がアドバイザーとして協力してくださっているというのは大変心強いですね。

これから全国的に新設校の開校も続きますが、本セミナーが未来の教育について考える、いい機会になっていればうれしいです。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です