創業者の命日

今日は常石グループの創業者である曽祖父の命日でした。
自分のブログを検索してみて、2009年の50回忌を最後に法要をしてこなかったことに気づきました。

・祖父の三十三回忌(from minako’s blog 2009.03.16)

私からすると、会ったことのない人ではありますが、小学校も出ずに苦労しながら家族を支え、船乗りになり、起業し、このグループの礎を作った故人は、あまりに遠くで、時代も違いすぎる・・・と感じるのが正直なところです。

自身が学ぶことができなかったこともあり、地元の子どもたちのために、私財で常石小学校を整備し、育英会を立ち上げ、教育に熱心だったことは何度も聞いて来ました。

父たちの世代が、最近、改めて創業者への思いを語ることが増えたように思います。
創業時の苦労はもちろん、若かった曽祖父に船を持たせてくれた地域の方々へのご恩を忘れてはいけない。そんな思いがあるのでしょうか。

地域と共に。

この言葉は、まさに創業者の思いなのだと、改めて噛み締めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です