Climate Action 100+ ローンチ・イベント@国連大学

ジャパンタイムズでは、今年Japan Times ESG推進コンソーシアムを設立。持続可能な社会の実現に向けて取り組む企業や団体を支援しています。
今回は、PRI ・Asian Investor Group on Climate Change (AIGCC) 共催で、国連大学で解された「Climate Action 100+」のローンチ・イベントに協賛させていただきました。
・Climate Action 100+

Climate Action100+は、世界での温室効果ガスの排出量が多い企業 100 社以上に排出量を抑制、 気候関連の財務情報の開示、気候変動に関するガバナンスの改善などの働きかけを行う 5 年のイニシアチブ。

今回は、マニュライフや、CalPERS、UBS アセット・マネジメントなどの海外企業や団体からはもちろん、SOMPOや日立製作所、パナソニックなど日本企業からも取り組みの紹介があり、100名を越す参加者が、熱心にお話を聞いていました。

2018-04-15 21.47.24
2018-04-15 21.47.42-2

ジャパンタイムズESG推進コンソーシアムの活動については、こちらをご覧ください。
・ジャパンタイムズESG推進コンソーシアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です