ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

いろんな方から、“『ペンタゴン・ペーパーズ』観た?“と聞かれるので、観ましたよ、というご報告(笑)
・ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書

この映画、原題は「The Post」。現在は、アマゾンのジェフ・ベゾスがオーナーとなっているワシントン・ポストを舞台に、「報道の自由」について考えさせる内容になっています。

映画としては、本当に面白かったです。
同時に、自分の置かれている環境を考えると、やはり観ておくべき映画だと思いました。

正しい判断とは何か。
誰のためにメディアは存在するのか。

インターネットの登場で、当時とは比較にならないほど大量の情報が溢れ、また情報発信者も特定できないような時代において、メディアとして報道すべきことはなんなのかについて、もっと考えなければと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です