昨日のリリースから。

昨日、三井E&S造船と常石造船の業務提携リリースを発表。各紙にて紹介いただいています。

・常石造船 三井E&S造船と商船事業分野の業務提携契約を締結(from News2u.net 2018.05.07)

一次情報である企業から発信されたニュースリリースで伝えたいこと。
各紙の読者の関心を考えて、そのファクトをどのような切り口で解説するのか。各紙それぞれの見解になります。

企業の広報とマーケティングの責任者の立場から発信した情報。
それが、どのように伝えられるかについて、10年以上関わってきていますが、今まで以上に、一次情報の重要性を感じると同時に、メディアが独自の切り口を保つために必要な周辺情報も過去の一次情報であるということを改めて感じます。

そして、将来、この情報がアーカイブされたものにアクセスする人もいるという事実。

インターネット以前とインターネット以後の違いは、現在から未来に至るステークホルダーを想定して、情報を発信するだけでなく、アーカイブされる情報として発信することも大事です。

10年後、この事業提携がどのような形になっているのか。楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です