里山と生きるフォーラムvol.2@所沢

藻谷浩介さんが登壇するということで、参加をした「里山と生きるフォーラムvol.2」。”里山”をキーワードに北海道から熊本まで、全国から集まった人たちとの新しい出会いと発見の時間でした。

・里山と生きる協会 里山と生きるフォーラムvol.2

はじめて「アル・ケッチャーノ」の奥田政行シェフの講演を聞きました。
野菜やハーブ、山菜の違いから、百円ショップのお皿を使って鶴岡でスタートしたお店の歴史などとあわせて、ひとりひとりのライフプランを見据えたスタッフ指導の考えかたなど、惜しみなくお話いただきました。

おなじみの藻谷浩介さんからは、里山とはなにか、里山資本主義とはなにか、というお話から、所沢市の人口推移と現状のデータからみた高齢者問題の解説をすごいスピードで(笑)

最後は、地元で採れた野菜を中心に、奥田シェフによるビュッフェという贅沢な構成。

さらに、ステージでは、参加者と奥田シェフのペペロンチーノ対決も。

都心から約1時間の所沢で、関東ローム層という芳醇な土地の力と、地域を愛する人たちが実現している持続可能な社会のための取り組みを学んだ、すばらしい時間でした。

そして、奥田シェフのお話から得たヒントを日本各地でがんばっている生産者さんやシェフたちにしっかり届けたいと思いました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です