国内の児童労働の実態について考える

NPO法人ACEが主催したセミナー「日本にもある児童労働 – SDGs 8.7達成に向けてアクションを!」に参加しました。

・世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)

ACEはインドやガーナなど、途上国における児童労働の課題に取り組んで大きな成果を出しています。そのACEが、日本国内にもある児童労働の課題に取り組んでいます。

今回は、ACEが独自に調査した日本における児童労働の実態調査の中間報告を中心に、働く子どもたちの背景について、有識者の方々からのお話を聞きました。

正直、日本に暮らしている私としては、とてもショックでした
加えて、このような現状を生み出している大人や社会への制裁など、根本的な原因への対策ができていないことを知りました。

国連では2025年までの児童労働の撤廃が掲げられていますえ。そして、その対象は、途上国だけではなく、先進国も対象となっています。

会場は参議院議員会館で、国会議員や厚労省の方々も参加してのセミナーでした。この現状がしっかり共有され、対策が講じられる必要があると思います。
ACEの活動を引き続き、応援したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です