大分県竹田市へ

滝廉太郎の「荒城の月」で有名な大分県竹田市。
最近、竹田に魅了された友人たちが通っていたので、どうしても行ってみたかった場所です。

・大分県竹田市

友人からオススメされたのは、古民家をリノベしたイタリアン「RICADO」。高校まで竹田で育ち、東京にでて、震災後、地元に戻って来たというオーナーシェフのお話を聞きながら、全国の地域創生で活躍している人たちのお話を聞かせてもらいました。お料理もほんとにおいしかったです!


Osteria e Bar RecaD

「荒城の月」や「三笠野」など地元を代表する老舗和菓子屋の「但馬屋」の6代目の板井さん。町の歴史や現在のお取り組みなどのお話も聞かせていただきました。

・但馬屋老舗

しっとりとしたお菓子の「三笠野」。実は、できたては、皮がぱりっとしているということで、さっそく本店につくりたての「三笠野」をいただきに行ってきました!老舗らしい本店の建物。となりにあるカフェも素敵な空間でした。

東京から竹田に通っている友人たちのシェアハウス「ほしとたきのいえ」。
静かな滝の流れを楽しめる高台にある一軒家。今の季節は蛍がたくさんいるそうです。夜に行けばよかった〜!!!ほんとうに、素敵な場所でした。


・ほしとたきのいえ

「ほしとたきのいえ」のすぐ近くにある、週末だけ開けているお豆腐屋さん「湧水茶屋 かわの」。買ったお豆腐をその場でいただけるという贅沢。
昔懐かしいお豆腐の味を楽しみました。

・湧水茶屋 かわの

素敵な町並みを楽しみながら、竹田市内を散策していると、畳を作っている家を見つけました。いまや中国からの輸入品がほとんどという畳ですが、こうやって畳を作っているお店がまだあることに感動。

・茨木畳店
町並みの中に、端正に佇んでいるモダンな建物は、竹田市立図書館。隈研吾さんの設計だそうです。

・竹田市立図書館
そして、白壁が美しい建物は、なんと竹田郵便局。ポストも昔ながらのものを再現しています。

・竹田郵便局

街中で、至る所で見かけたのは「姫だるま」。この地域を代表する工芸品だそうです。

城下町竹田にふさわしい町並みはもちろん、小さな通りには、リノベーション中の古い家もあったり、この街の新しい息吹をたくさん感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です