東京でできることを考える〜News2uグループ納涼会で

東京に戻って、News2uグループの納涼会へ。札幌からのメンバーも参加して、都心のテラスで汗だくになってみんなでBBQ。
私からは、連休中の被災地の様子や、コミュニティの大切さなどもメンバーに話をしたりしました。

実は、広島の被災地のさまざまな情報発信を整理したいと思っていて、グループメンバーにリモートワークのボランティアをお願いしたところ、何人かが快く引き受けてくれていました。
実際には、それは断念して、物資の調整と提供に費やすことになったのですが、それでも、東京や札幌からも応援したいという気持ちがすごく嬉しかったです。

現地に入らなくても、できることはもっとあるということを感じながら、実行に移せなかったのは、私の調整力が足りなかったから。これも含めて、ほんとうに悔しい思いをたくさんしています。

一方で、私たちの持っているスキルで貢献できることはなにか。
イメージはできたので、次に万が一が起こったときは、迅速に動きたいと思いました。

被災している方々はもちろん、現地でボランティアに参加してくれている人たちも猛暑の中、目の前の課題に向き合っています。
東京からできることは何か。改めて考えた夜でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です