Japan Times Satoyama推進コンソーシアムの運営委員会を開催しました!

Japan Times Satoyama推進コンソーシアムの運営委員会を開催しました。
運営委員会の委員長である瀬戸内ジャムズガーデンの松嶋さんは山口県の周防大島から。ジャパンタイムズの事務局の関戸さんは愛媛県の大三島からオンラインで参加。副委員長の太田さん、アドバイザリーボードの御立さん、そして三重県庁からは朝一番の新幹線で一番町オフィスにおいでくださいました。

・Japan Times Satoyama推進コンソーシアム

現在、募集中のフォトコンテストの表彰や10月の実践者交流会の内容、来年に向けての年間スケジュールなどを決定。

ジャパンタイムズがJapan Times Satoyama推進コンソーシアムを主催することの意義や、satoyamaが「里山」だけでなく「里山資本主義」の視点をなくさないようにしなければならないなど、基調がご意見もいただきました。

インバウンドで盛り上がる日本の中で、受け身ではなく、積極的に情報発信をしていく企業や自治体にとって、Japan Times は身近にある“世界への窓”でありたいと思っています。

活動1年目ですが、来年につなげていけるよう、しっかり議論し、活動に結びつけていきます。

スクリーンショット 2018-09-23 00.01.40

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です