きみが うらやましかった

紆余曲折あったが、結局、英国で大学生活をスタートさせた息子。
8歳まで過ごした日本。
10年間通ったスイス。
そして、これから過ごす英国。

手探りの中で、目の前にある選択肢の中から、それなりに考えて、選んできただけ。
それでも、私は、いつも きみが うらやましかった。

私の親世代から考えると、いろんな面で、”かわいそう”と言われることもあったけど、それでも、私は、いつも きみが うらやましかった。

そして、気がついた。

私が、東京の大学に行くときに、一番応援してくれた祖母。
自分ができなかったことに挑戦する私を、精一杯応援してくれた祖母。
彼女はきっと、わたしが うらやましかったのではないか。

次世代を育てるとは、そうあるべきものなのではないのかと、ふと思った英国の夜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です