来日中のJohn Bough氏と

Untitled
次世代教育環境開発(NEED)のアドバイザー、オックスフォードドラゴンスクールの前校長 ジョン・バウ氏が打ち合わせのため来日しています。
前半の東京では、ボーディングスクールの魅力について2回ご講演いただきました。

1回目は英語ネイティブの方々に向けて、通訳なしのセミナー。
ご参加いただいた方には、ジョン先生をご存知でいらっしゃった方も。日本でも認知度が高いというのを実感しました。

もう1回は、日本人の方々にむけたもの。
これまで若年層のボーディングスクールという選択肢が日本ではありませんでしたが、欧州では5歳前後からのボーディングスクールがいくつもある背景も含めてご理解いただけたのではないかと思います。

Untitled

そして、建築家との打ち合わせも。
校舎はもちろん、ボーディングハウスのあり方について、建築家のプランに対して、実際のご経験をもとに、さまざまなご指摘をいただきました。
「大人の目線ではなく、子どもの目線で考えると」と何度もおっしゃっていましたが、ほんとうにいろんな気づきがありました。

Untitled

週後半は、広島に移動して、現地の視察。
経験豊富なジョン先生のアドバイスをしっかり吸収しながら、学校設立の準備を進めていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です