25回目の起業記念日 

25歳で起業して、今日で25年を迎えました。
同時にインターネット出会ってから25年でもあります。

人生の半分を“社長”という肩書きで過ごしたことになるわけです。
創業当時の自分を思い出すと恥ずかしくなることも沢山あります。
同様に、今、一生懸命やっていることも25年後=75歳の私が振り返ると、恥ずかしいと思うこともあるのかもしれません。

よく考えると、75歳って父たちの世代なんですよね。
あと25年経つとあの世代になるのか、というのも感慨深いです。
間違いなく、経営者としての折り返し地点はすでに迎えてしまっているわけで、そういう感覚もなく、今日を迎えてしまったことに驚きました。

70歳まで仕事をするとしたら、45年の仕事人人生として、半分は超えています。
多分、今のような仕事のやり方は、体力的にも、現実的にも60歳までで線を引きたいと思います。
60歳からの仕事のやり方については、これから考えることとしましょうか。

先輩だけでなく、私よりも若い方々たちからも、応援いただき、未熟な自分を見守り、指導していただけていることに、心から感謝しています。ありがとうございます。

自分の成長意欲と同時に、次世代への機会創出の視点を忘れないようにしながら、そして、自分にも、そして人に対しても「美点凝視」でいきたいと思います。

追記
15年もブログを続けていると、良くも悪くも(苦笑)その時々の自分と会うことができます。こうやって振り返ることができるのもインターネットのおかげですね(汗)

2017年
・24年が経ちました。(from minako’s blog 2017.10.02)
“東京の片隅で、一人だけの小さな会社からスタートできたことは、私の財産です。同時に、このブログやFacebookなどを通じて、これまで頂戴した多くの方とのご縁がつながっていることを実感しています。”

2016年
・情熱を持ち続ける〜23回目の起業記念日(from minako’s blog 2016.10.02)
“今でも自分の未熟さに悲しくなることがありますが(苦笑)、一方で、これまでの経験がさまざまなところで活きていると実感します。なによりも、たくさんの失敗が、大きな糧になっています。”

2015年
・22回目の起業記念日@ロンドン(from minako’s blog 2015.10.01)
“いま、私を支えてくれている仲間たちに恥ずかしくない仕事をしていきたいと、強く思っています。”

2014年
・21回目の起業記念日@パラグアイ(from minako’s blog 2014.10.01)
“いわゆる成功とはちょっと遠いけれど、自分のやりたいサービスを、好きな仲間と、納得できる形で続けてこれたことが、自分の経営者としての糧になっていると思います。”

2013年
・社会人20周年(from minako’s blog 2013.10.01)
“あれから20年経った2013年10月1日。
守るものがたくさんありすぎて、臆病な自分がいます・・・。”

2012年
・カプス設立記念日〜創業から19周年(from minako’s blog 2012.10.01)
“未熟さ、至らなさは、成長余地と思って、これからも自分を信じて、前進したいと思います。”

18回目:2011年
・起業記念日〜起業から18年が経ちました(from minako’s blog 2011.10.01)
”カプスでは、サークルのような、家族のような小さな組織を、みんなで育てていきました。
ニューズ・ツー・ユーでは、たくさんの背伸びをしながら、背伸びをした分だけ、失敗も含めて、多くの経験をしてきました。”

2010年
・起業から18年目を迎えました。(from minako’s blog 2010.10.04)
“自分の信じること以外はできず、頑固な私だったと思います。もちろんそんな私を、その時々で、支えてくれた方々がいたからこそ、この信念を貫くことができたことには、心から感謝しています。”

2009年
・2009年10月1日(from minako’s blog 2009.10.02)
“一つ課題をクリアしたら、また新しい山が見える・・・の繰り返しですが、あきらめずに続けることだけは覚えてきたような気がします。”

2008年
・不断の努力〜15周年を迎えて(from minako’s blog 2008.10.01)
“小学6年生の書き初めで、座右の銘を書くということで、いろんな言葉の中から、選んだ言葉が「不断の努力」でした。いま、この15年を振り返ったときに、思い出すのは、30年前に選んだこの言葉です。”

2007年
・早いもので、15年目に突入です・・・(from minako’s blog 2007.10.01)
“いつも明日のこと、未来のことを考えていて、なかなか立ち止まる機会がない私にとって、年に1度、自分の軌跡と会社の歴史を振り返るいい機会にもなっている。”

2006年
・スタッフデイ2006(from minako’s blog 2006.10.03)
“この会社をいま支えてくれている人たちと卒業していった人たちが一同に集まるのは、会社の歴史を目の当たりにするようで感慨深い。”

2005年
・スタッフデイ2005(from minako’s blog 2005.09.30)
“やっぱりうちのOGは、迫力が違う(笑)”

2004年
・12年目に突入!(from minako’s blog 2004.10.02)
“会社を卒業していった仲間たちからみて、いまの会社はどう見えるのだろうか?そして私自身は?”

2003年
・Change the fact into value(from minako’s blog 2003.10.01)
“当たり前のことだが、会社には社長が必要で、社長としての仕事をきちんとできているか、この問いに自問自答してきた1年だった。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です